20代・30代・40代女性の婚約指輪の相場ってどのぐらい??

20代・30代・40代の婚約指輪の相場っていくらぐらいなんだろう?自分が結婚する時になって疑問に思いました。私ももうすぐ40代。20代の時の憧れだけの考え方とはすこし違った考え方になっているはずです。そこで、実際に年齢別でどんな婚約指輪をもらったのか、また周りの女性はどんな指輪をもらったのか聞いてみました。

20代の婚約指輪の相場は、彼が無理をしない範囲でもらった指輪

f:id:svam6479:20170423190513p:plain

20代の私がもらった婚約指輪は手作りの婚約指輪

 

22歳で婚約した時、彼から貰った婚約指輪は彼の手作りでした。

 

10代の頃はティファニー、ブルガリ、クロムハーツ、4℃などのブランドアクセサリーをちょこちょこ着けていましたが、私の癖で洗い物をする時や運動する時は指輪を外していました。


だんだん、外してから着けるのが面倒になり、指輪をしなくなりました。

 

ピアスなども電話の時に邪魔になるのでアクセサリー類を身に着けなくなりました。

 

それを知っていた彼はなるべくシンプルで家事の邪魔にならないように。

 

しかし、シンプルな指輪を買うだけでは物足りないかな。と考えてくれたみたいで私が知らない間に銀細工工房を探し、練習と製作をしてくれていたみたいです。

 

いただいた指輪はシルバーのとてもシンプルなリングでした。

 

内側には結婚記念日の数字が手書きで掘られていました。

 

結婚が決まってから、ブランドには興味が無くなっていた私にはぴったりでした。

 

人と同じ物が苦手な私にも、手作りで世界に一つの指輪はまさに理想の婚約指輪でした。

 

お金は他の方の指輪に比べたら安いと思います。

 

銀細工のレッスン代、数回ぶんと材料費。合わせて、おそらく数万円。トータル、5万円前後かなとも思います。

 

数字にすると安価ですが、かかった手間と時間と想いを考えると理想以上だったかなと想います。

 

浮いたぶんのお金は生まれてきてくれた子供のために使いました。

 

 

f:id:svam6479:20170423190605p:plain

20代の私がもらった婚約指輪は相場より高めな「ティファニー」

 

28歳の時に婚約指輪をもらいました。指輪はティファニーのセッティングでした。

 

シンプルなプラチナのリングに、ダイヤモンドが付いたものです。価格はおよそ62万円程度でした。


ダイヤモンドは6本の爪で固定されており、横から見た際に高さが出るように設計されているそうです。

 

それによって光をあらゆる方向から採り込み、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出していると聞きました。


実際に着けてもその通りで、屋外の日の光でも屋内の照明の明かりでもとてもよく輝き、どんな場面でも美しく見えます。


リング部分は断面が楕円になるようなデザインです。

 

そのため、指にはめて見た時と、ケースに飾って見た時とで、印象が変わるところも私は気に入っています。

 

私は指が太めなのですが、このリングははめた際にリング部分が目立ちすぎず、指そのものが華奢に見えるように思います。


また、私は結婚後もしばらく結婚指輪を購入せず、しばらく婚約指輪を着けていたのですが、この指輪はデザインがシンプルなので、普段着にもドレスアップにも合わせやすく、便利でした。

20代の婚約指輪の相場は、可愛いデザインが多いのでダイヤも小さめな価格

f:id:svam6479:20170423185357p:plain

20代の私がもらった婚約指輪は、小さいダイヤなので相場より安い価格

 

ブランドは4℃で、価格は税別¥180,000の指輪をもらいました。

 

デザインは、リングの形状がVラインになっていて小さな割と小さなダイヤのモチーフがついたものです。

 

元々、アクセサリーはシンプルなものが好きなので、婚約指輪や結婚指輪においても、悪目立ちせずどんなファッションにも合うようにシンプルなデザインを望んでいました。

 

彼とは、本格的に結婚の話が出る前から割と早い段階で、お互いに「結婚したいね」と話していたので、ある時にその話題が出た時に、婚約指輪の希望のデザインやイメージを伝えておきました。

 

ネットでわざわざ画像を検索してまで、彼に説明していました。

 

価格は特に高価なものでなく、安価なもので充分だと考えていたので、そのことも事前に伝えておきました。

 

私自身、ブランド物にはあまり興味がなく、アクセサリーに関してもブランドや種類をよく知らないので違いや価値が分からないと思ったからです。

 

最低限、素人が見ても安物と感じるような、オモチャみたいな指輪じゃなければ良いと思っていました。

 

彼は私よりも無頓着ですが、彼の実家近くで高校の同級生が4℃の販売員をしていたので、その子に相談して一緒に選んでもらったようです。

 

 

f:id:svam6479:20170423185436p:plain

私がもらった婚約指輪は0.2カラットの指輪

 

私は気に入った婚約指輪が欲しいと彼に伝えていたので、プロポーズ前に一緒に4℃のお店で気に入った指輪を選びました。

 

このお店を選んだ理由は親友からの紹介でした。

 

結婚後日常生活では結婚指輪を、婚約指輪は特別な日につけるつもりでしたので、金額に関してはなるべく抑えめでと決めていました。

 

お店に入ると優しそうな笑顔の店員さんが対応してくれ、こちらのイメージを伝えると沢山ある指輪の中からいくつか選び試着させてくれました。

 

見れば見る程素敵な指輪が沢山出てきて、始めは金額的に抑えめなものを見ていましたが結局価格が270000円、中心に0.2カラットのダイヤがあり、そのまわりを4つの小さいダイヤが囲んでいるデザインが気に入りました。

 

素材は変色や歪みの少ないプラチナのものをオススメされたのでそれにしました。

 

4℃では指輪を購入すると指輪内側への好きな文字の刻印、表側のダイヤをとめる為に裏側に小さなダイヤでする石留めが特典としてついてきました。

 

文字は『彼の名前→私の名前・付き合った記念日(結婚記念日になる予定の日)』を刻印してもらいました。とても気に入り、後日思い出に残るプロポーズとなりました。