読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代・30代・40代女性の婚約指輪の相場ってどのぐらい??

20代・30代・40代の婚約指輪の相場っていくらぐらいなんだろう?自分が結婚する時になって疑問に思いました。私ももうすぐ40代。20代の時の憧れだけの考え方とはすこし違った考え方になっているはずです。そこで、実際に年齢別でどんな婚約指輪をもらったのか、また周りの女性はどんな指輪をもらったのか聞いてみました。

30代女性がもらった婚約指輪の相場が知りたい!

30代女性はどんな婚約指輪をもらっているのか気になりませんか?

 

実際私も30代、この年でやっと結婚することができました。

 

年代によってもらう婚約指輪や考えはどう違うのか。

 

30代の婚約指輪の相場が知りたい!ということで30代女性の婚約指輪についてもらった人の話を聞きました。

 

f:id:svam6479:20170419231744p:plain

30代の私がもらった婚約指輪は平均相場の「ティファニー0.25カラット」

 

婚約指輪の定番の、ティファニーの6本の爪でダイヤモンドを支えるタイプのものをいただきました。

 

お嫁さんと言えばこれ、というイメージが強くて、絶対に譲れなかったので、ちょっと値段ははってしまったものの、プレゼントしてもらいました。


指輪自体、プレゼントして貰ったことが婚約するまで1度も無かったので、すごく嬉しくて、思い入れもかなり強かったです。

 

値段は30万円ほどで、ダイヤモンドのサイズは0.25カラットです。


リング部分はプラチナ製で、ちょうど買っていただいた時期が、値上がりギリギリの時で、あと少し時期がずれていたらかなり予算オーバーになるところだったので、ラッキーでした。

 

ダイヤモンドのカットはラウンドブリリアントカットというようです。


多分みなさんが想像するダイヤモンドといえばこんな形、という定番だと思います。

 

見た目重視で買って貰ってしまったので、残念ながら日常使いには全く向いていません。

 

立て爪部分が意外と何をするのでも引っかかってしまうのと、水仕事をすることが多いので気が引けてしまい、普段は大切に箱にしまって保管したままになっています。

 

結婚式に招待された時など、結婚指輪とダブルリングにしてつけていっています。

 

 

f:id:svam6479:20170419231823p:plain

私がもらった婚約指輪は相場に比べてどうなの?「0.54カラットのプラチナ」

 

ダイヤモンドの卸問屋にて、ダイヤモンドと枠を別々に選んで作製していただきましたのでノーブランドです。


価格は全ての合計で約45万円ほどでした。


最初はやはりブランド指輪の素敵なデザインに惹かれていたのですが、主役はダイヤモンドなので納得の行く石と巡り会いたいと思い、問屋を何軒か訪ねました。


沢山のダイヤモンドを眺めているといくつかピンと来る物があり、その中からひとつひとつ色やカット、反射等を何度も比較し、心を奪われたお気に入りの石に決めました。


大切な一生物の婚約指輪なので大きさやクオリティにこだわらず、とにかく自分と相性の良い石を探しました。


地金は定番のプラチナです。欧米ではゴールドが主流のようですが、やはり丈夫な方が安心なためプラチナを選びました。


デザインも飽きが来ないように定番のソリティアにしましたが、定番の中にもひと工夫が欲しかったので、爪は三本のタイプにしました。


四本よりも支えは甘くなりますが、石が露出する面が増えるので輝きが増します。


爪が1本違うだけで輝き方が全然違います。


気に入った主役のダイヤモンドが引き立てられ、とても満足の行く婚約指輪が出来上がりました。


ダイヤは1点物ですので、自分だけの石を徹底的に選べたのはとても嬉しかったです。


デザイン重視で既成のブランド指輪を選んでいたら飽きていたかもしれません。